思い出

20代の頃ゴルフが好きだった。もう何十年もラウンドしていない。ゴルフギアもどうなってるのか全く知らない。スポーツ系のソレは相当進化してるんだろうなあ。
このアイアン恥ずかしながら4番以下は自信が持てず練習場で振り回しただけだったと思う。
11番アイアンは勤めていた会社上司同僚からのプレゼント。ロブショットなんか打つ場じゃないが、いただいた手前不必要に使ってみると達磨落としの空ップリ。大笑いのプレゼントを返したりした。DSC06858.JPG
チョロって距離が残る2ndショット。ライも良くないし3番iでいきたいが使える腕がない。「HEAVENWOOD」なるものが出始めた頃だったと思います。コレを抜いて構えると先輩方からステキな声がかかります。「枯れるの早いんじゃないのか」「若い衆、なんだソレ?かわったアイアンだな」DSC06860.JPG
挑発に乗り4番iでショットした時はボールよりターフのほうが飛んだ。先輩方ジェントルマンだナ、声を出さず肩で笑いやがって。以降神頼みのWOODを使うことになる。
チタンのドライバーが出はじめた頃(今はしらないが当時は高額だったと思う。)皆バッグに入れている。(余談だが皆見栄を張るため外車で来やがる)そんな先輩方の前、私はコレでいくわけです。DSC06861.JPG
なんじゃソレのパーシモン。今となってはオモチャみたいなもんでティに立つと「実はかなりの者か?」と思う人もいる。あいさつ代わりのチョロで朝一の大笑いが大真面目に打った私の自尊心を打ち砕く。100を切ろうと一生懸命だったアノ頃が一番楽しかった。
先輩方と温泉地や海外でプレイした事が今でも鮮明に思い出される。ナンダカナぁと思うのは当時の先輩方の年齢が今の自分より若かった事。そして、ほとんどの方が天国か地獄にいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント